image

こんにちは!

テンプレートの紙に描いた絵をスキャンしてマインクラフトのスキンに仕立ててくれるアプリ、『Minecraft Skin Scanner』をご紹介します!

スキンエディターアプリは数あれど、ピクセルぽちぽちやるのはメンドい苦手、って方にオススメですよ〜!

ダウンロードはこちらから




ぶっちゃけあんまり期待してなかったのだが...

「なにかをスキャンして作品にするアプリ」といえば、今は亡き『DekkoScan』の残念さを思い出して正直微妙だったのですが、『Minecraft Skin Scanner』はひと味違いました!

では使い方をサクッと解説!

まずはスキンのテンプレートをプリントアウトします。テンプレートは

①スキンの展開図に合わせて全身もれなく描き込めるスタンダードバージョン

②パッと見の感じをとりまザザッと描いてみなよ的なシンプルバージョン


の2種類。
image


とりまシンプルバージョンを選んで印刷してみました。

↓頭のてっぺんとか腕の内側とかが見当たらないんですが...(笑
「足りないとこはテキトーに埋めとくからさw」と言わんばかりの、ほんとシンプルすぎるテンプレです。
image

でもこれなら、展開図だとどこに何を描いたらいいのか混乱しそうなお子さんでも、イメージを形にしやすそうですよね。

何を描こうか迷ったんですが、手近にあった息子のポケモンぬいぐるみのポッチャマをチョイス。耳とか余計なのないし描きやすそうだったので。

画材は、色鉛筆とかよりもペンを使うのが推奨されています。しかし、水色のペンとかなかったので、息子のクレヨンで無理矢理塗ってみました!
image

うわぁどーしよ。クレヨンだとムラが出来てめちゃくちゃ塗りが汚いです!

でもいいや、スキャンいっちゃえ!と強行。スキャンの緻密さは3段階から選べます。今回はノーマルを選んでみました。
image


スキャン開始するとカメラモードに切り替わります。スキャンされた絵は緑枠で囲まれます。すべてオートで処理してくれますよ!
image


スキャン終了するとスキン画像が表示されます。

あのテキトーすぎるクレヨン塗りのポッチャマが、なかなかいい感じのスキンに仕上がってませんか!? キチンとした画材で丁寧に描いたらすんごいものが出来そうですよ!
image

image

↑ちなみに、よく見たらこれ、脚の正面を黄色く塗るの忘れていました(笑

出来あがったスキンは、そのままアップロードして自分のキャラに適用することができます。

そのほか他のアプリとの連携も充実。
スキン作成アプリ『Minecraft Skin Studio』と連携させて編集し直したり、『Minecraft Papercraft Studio』ペーパークラフトにすることも出来ちゃいますよ

いろいろ楽しめるので、ぜひ塗り絵感覚で挑戦してみてください♪

ダウンロードはこちらから